ご挨拶

ポストグラデュエートコースについて


大阪歯科大学同窓会の皆様、こんにちは、いつもお世話になり、ありがとうございます。 ポストグラデュエート委員長の杉岡伸悟(大35) と申します。今後ともご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。
新型コロナウイルス感染症の影響により、2020、2021年度のコース開催中止を余儀なくされましたが、ワクチンの普及や患者数の減少などを鑑み、2022年度の開催を今回ようやく企画させていただきました。

長い歴史を持つ当ポストグラデュエートコースですが、新しい令和の時代に入り、様々な時代背景や歯科臨床の変遷、数多くの団体企画講習会の乱立、少子高齢化などを鑑み、少しず つテーマやスタイルを変更しています。ただし令和はすぐにコロナ禍に見舞われたため、十分なコース提供をできませんでした。また今年度は、二年越しの同窓会 設立100周年記念式典 (8/20) をも迎え、いつ第00波が襲ってくるやもしれず、慎重なコース展開となりましたことをご容赦ください。

具体的にはコース数をしぼって2コース開催といたしました。いず れも本学教員の先生にお願いし、不測の事態に対して柔軟に対応できるよう配慮させていただいております。コースにつきましては十分な感染対策を施した上で、可能であればハンズオン形式にしたいと考えています。また1コースはプライマリー (卒後5年以内対象)形式を採択し、予定しております。
9/4にお願いしています柏木宏介主任教授(有歯補綴咬合学講座)からは、補綴領域におけるデジタルデンティストリーの有益なお話が伺えるものと期待しています。
また、2020年に中止となり再度計画させていただいた、11/27の小野圭昭専任教授(障がい者歯科)には実践的な摂食・喋下機能評価に関するお話をしていただく予定です。

ポストグラデュエートコースならではのバリュー感を持った、各分野とっておきのコースを取りそろえております。今後も会員目線で臨床に寄り添ったコース運営を心がけてまいりますので、皆様の歯科生涯研修の一環としてご参加の程をよろしくお願いいたします。

大阪歯科大学同窓会
ポストグラデュエートコース
委員長 杉岡 伸悟